読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あまざけ屋の七転八倒ブログ

あまざけ屋のあまざけ屋によるあまざけ屋のためのLINEスタンプだったり趣味事だったりのブログです。ご贔屓に。

【LINEスタンプ】 LINEスタンプの寿命に関して考えてみる

 

f:id:amazakeya:20150722231810j:plain

仕事も繁忙期になり、朝も早から夜までみっちり仕事漬けの生活になっていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

 

もうまったく手がつけられない。下書きのまま止まりっぱなし。

ペン入れはあと10日間で終わるのか!終わらせることが出来るのか!まだ色も塗ってないぞ!!!

 

 

 

さて、まぁ、そんなことは置いといて

 

自分用のLINEスタンプもしかり、会社用のLINEスタンプもしかり、2014年9月から作って以来、なんとなしに「LINEスタンプには寿命があるのでは?」っと思うようになりました。

まぁ、販売が本業なので、どんなに売れるものでもいつかはお客様の飽きがくるように、急激には売れなくならなくても、どこかの時点で徐々に売上は落ち込んでいくんだよなぁっと。

 

ちなみになんで売上が下がるのかと言えば、「お客様が飽きた」というのもそうだけど、「LINEスタンプが消耗品ではない」のが一番の理由と考えます。

LINEスタンプはスマホに依存せず、LINEのIDに依存してます。つまり、一回買ったらLINEのIDが変わらない限り、ずっと手元にあるわけです。キャリアが変わっても買い直す必要はないわけです。

っということは1IDに対して1回しか販売は成立しないわけですね。

「んなこと当たり前だろ」っと思うかもしれませんが、本来の商業的な部分で言えば、LINEスタンプには、販売の回転率が存在しないということなので、売り続けるには作り続けなければいけないということなんですよ。

 

ってことは、単純にどこかの時点で頭打ちになってしまうということです。

 

結論として言えば、個人で作ったものも、会社で作ったものも大体4ヶ月目ぐらいから急激に下がって、そこから微妙な下がり方をしています。

4ヶ月ぐらいで必要な人に行き渡ってしまうわけです。

ちなみに会社のスタンプはそこそこ売れている状態で、同じようなネタのスタンプを作りましたが、持ち直しはおきませんでした。すこーしずつすこしずつ売上が下がっています。

 

 

個人的な見解としては、寿命は大体4ヶ月から長くて半年ぐらいだと考えられます。

ただ、最近なんとなくわかってきたのは、どの年代層に販売する内容にすると売りやすそうなのかはわかった感じがします。

 

ただまぁ、それは次の機会にでも。

 

 

オススメ的な悪あがき

 

store.line.me
store.line.me
store.line.me