読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あまざけ屋の七転八倒ブログ

あまざけ屋のあまざけ屋によるあまざけ屋のためのLINEスタンプだったり趣味事だったりのブログです。ご贔屓に。

【閑話休題】HK 変態仮面 アブノーマルクライシスを観たから書く

f:id:amazakeya:20160523153019j:plain

 

久しぶりに一月で3本も映画を観るという、個人的に数年振りの快挙が起こってますがいかがお過ごしでしょうか。

 

 

つうことで先日の日曜日に「HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス」を観てきました。

 

 

感想としては、かなり面白い!!!前作も日本映画でのアクションコメディ(?)としてはかなり秀逸。原作を当時読んでた人としても十分納得できる内容でしたが、今回も引き続き納得が行く内容でした。

変態仮面がいかに変態仮面かということが、まさにバカバカしい内容を真剣に演じている部分が非常に好感が持てます。つうか、監督の力と原作の力ともにだと思いますが、よくアレだけの俳優が集めることが出来たなぁっと。鈴木亮平も1の時はそこまで有名ではなかったのに、今じゃ押しも押されぬ俳優なのに、身体まで作って演じきってる素晴らしさ。

それにしても、変身後の顔はどうみてもお面で許されるのに、テラフォーマーズの変身後の姿が許されないのはなんだろねw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あとネタバレですが・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サム・ライミさんに色々怒られません???

 

色々とやり過ぎ感が半端ないです。スパイダーマンの1~3を観てから観ると「コレはアレか!」と思うこと間違いなしですな。

 

【LINEスタンプ】 審査が通ったのと、検索に関しての考察と

f:id:amazakeya:20160518221413p:plain

昨日、ブログを書いといて、今日審査が通りました。

 

プロレスの吹き出しマスクマンスタンプ - LINE クリエイターズスタンプ

マスクマンのプロレスラーが吹き出しを使ってアピールしてるスタンプです。ジュニアヘビーなので、飛んだり関節技を使ったり、マイクを使って、相手に投げかけたりします。

2016/05/18 22:08

 「プロレスの吹き出しマスクマンスタンプ」の審査がやっと通りました。今回は2週間かぁ。

まぁ、きっと売れないと思います。うん、革新的に売れない。

 

 

 

っていうのはね。

今回と前回の

 

store.line.me

 このスタンプ、売れるんだったら売れてくれたほうが嬉しいのだが、通常で考えたら売れないだろうなぁっというのがあからさまに見えてきた。

 

さて、時間を巻き戻して、2月ぐらいにLINEのクリエーターズスタンプの検索内容が変わり、ぱっと見、キーワードから新着順で表示されているような感じでした。

あくまで感じで、一部のキーワードに関してはそれだけでは説明がつきづらい部分もあったりしました。

それが今回の2つでなんとなくさらに深くわかった気がします。

 

 

キーワードで「プロレス」って入れてみます。そうするとクリエイターズで156(2016/05/18現在)出てきます。

f:id:amazakeya:20160518225852j:plain

では作ったスタンプは上から何番目に出てきたのか。

「プロレスの吹き出しマスクマンスタンプ」は10番目

「プロレスのコーナーポストでのスタンプ」は14番目

あれ???今日の今日アップされたスタンプの上には10個もスタンプがある。しかも、この上にあるスタンプは「プロレスのコーナーポストでのスタンプ」がアップされた時から上位に存在してたりと。

上位の1ページ目は7個ほどしか表示されないから、それに関しては売れる可能性が下がるのは、SEO関係ではある種常識的な部分だったりする(疑うべき常識ではあるけどね)

 

次に「吹き出し」と入れてみると、これがかなり酷い。

検索で967件(同じく2016/05/18現在)出てきて・・・

 

 

 

 

 

 

109番目!?!?!?

 

ええ!今日アップしたのよ!?109番目ってもう普通に検索してたら、絶対買うことない場所でしょ。

200番目の人よりはマシでも、目くそ鼻くそを笑う状態でしょ。コレ。

 

これまた上位の方のスタンプは、スタンプショップのTOPに出てるようなスタンプばかり。

 

 

さて、この辺りから推察するに、LINEスタンプでの検索は

1.新しいスタンプは上位に来る

 

これは前までの検索だと、新しいスタンプも売上¥0になってるため、検索が最下位となり、売れそうなスタンプでもお客に表示されることがほとんど無いため。コレに関しては良い変更だったと思いますよ。

2.さらにその上に売れているスタンプが来る

ここでの「売れている」っというのは「かなり売れている」というところだろう。キーワードに出ている中での相対的な売上というよりも、もっと広い意味で売れているスタンプが上位に来ると思われます。

だから、これを崩すのはかなーーーり難しい。

 

 

 

 

 

っということは、「ある程度売れるスタンプ」を作るにはどうしたらいいんだろう?

 

結論から言えば

1.LINEスタンプの検索以外で作ったスタンプへアクセス出来るようにする。

ココみたいなブログやツイッターFacebookなどなどSNS関係だったり、ポスターだったりなんだったりと。

つまり、ファンを作ったり、Googleさんの検索にも載るようにしたりということかなぁ。

2.キーワードの薄いところで勝負する。

ある程度売れそうで、ライバルの少ないキーワードに絞ってLINEスタンプを作って投下していく。

個人的には今後はこっち方面で進んでいくのがいいかもしれません。特に私みたいに中途半端な絵を描く人間には、あってる方法だろうね。

 

 

前も書いた気がしますが、もともとネット上で人気がありファン層がいる方や、絵で勝負だ出来る方は、逆に正面突破でも十分勝負は出来ると思うし、小銭稼ぎにはLINEスタンプはまだまだ需要があるところだと思われます。

私程度の作成でも、サラリーマンの小遣い程度にはなっちゃうんだから、「やる!」って決めちゃったら、儲かる人はいると思うんだけどね。

 

 

 

 

っということでここから3個ほどのスタンプは重箱の隅を突いて、小銭を稼ぐような物を作っていきます。

ネタは40個書いたから、絵を描きますかねぇ。

 

 

 

store.line.me
store.line.me
store.line.me
store.line.me
store.line.me

 

【LINEスタンプ】 売り中心にシフト中

f:id:amazakeya:20160517204440p:plain

実のところ、前回のプロレスキャラの吹き出しスタンプの審査は、2週間経ってますがまだ審査に通ってなかったりと。ん~着せ替えの関係上で、審査する人が取られちゃってるのかねぇ。んじゃなきゃ、人員が減ったかな???

 

さて、前回の吹き出しスタンプを応用して、アオリイカスタンプの吹き出しスタンプを作りました。

まぁ、作成速かった。2週間以内に出来てしまった。描くパーツは少ないし、内容もほぼ決まってるからホント速かったわぁ。

 

で、このスタンプからちょっと「作りたいスタンプ」から「販売中心のスタンプ」に数個シフトします。っと言っても釣り系のスタンプを3個ほど連続で作ろうと。

ライバルが少ないから売れるんですよ。コレが。

だってね、

 

store.line.me

 このコウイカスタンプですら、予想よりも売れちゃうんだからね。

現在はクロダイ関係をすでに作成中。シリーズとしては2個ぐらいだろうか。

何故クロダイかは、検索してみればすぐわかりますけどねw

 

 

 

store.line.me
store.line.me

 

【閑話休題】 映画「キャプテン・アメリカ :シビル・ウォー」を観てきたので書いてみる

f:id:amazakeya:20160507201619j:plain

前回「テラフォーマーズ」を観てきたわけで、今回の「キャプテン・アメリカ :シビル・ウォー」を観てきました。つうか、普通は「こっちを観るのが先だろ!」っとツッコミを入れたくなるところですが、面白いのがわかりきってる作品よりも、自分の人生に挑戦する映画のほうが気になるんですよ。

 

ええ、挑戦というか無謀ですね。分かってますよ。

 

 

で、シビル・ウォーですが

感想:

めっちゃ良かった!!!独身で時間とお金に余裕があったら、箱で2、3回観てもいいと思える作品です。

家でDlifeが映るため、地上波よりもバンバンCMが入り、「ちょっとネタバレすぎね???」っと思うし、Youtubeでも画像がバンバン載ってるわけですが、

 

そんなの目じゃない!そんなの知っても思う存分楽しめる「大人」の映画でした。

 

一見の価値ありです。つうか、みんな箱で観ようね。

 

 

 

さて、ココからは感想としてややネタバレが含まれる可能性があるので、これから観ようと思う人は観ないように。できうる限り控えるけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シビル・ウォーの原作では、映画と同じように「超人登録法」をめぐって、賛成のアイアンマン派と反対のキャプテンアメリカ派に分かれて、マーベルヒーローが入り乱れて戦うストーリーです。まぁ、かなり長い話なので、2時間半では収まらないぐらいの話なんですが、その基本ストーリーをしっかり踏まえつつ、この先登場のヒーローたちにも活躍の場をあたえたのが今回の映画版です。

 

観て一番驚いたのは、今回「ヴィランが居ない」ということです。クロスボーンズは除いてね。アレは今回雑魚扱いですから。重要なキャラだけど。

登場キャラの中で「バロン・ジモ」を元にしたキャラは居ますが、彼のことをヴィランと言っていいのかは微妙でしょう。彼は加害者でも被害者でもあるのですから。

 

基本の部分で思うのは、ある程度分かる年齢になってから「ウルトラマンと怪獣が闘った後の街は誰が直すんだろう?」「スーパー戦隊のロボットが転んで壊れたビルには人は居なかったのだろうか?」と考えた人はいっぱいいると思うのですが、コレの考えが今回の映画の根本と言えるでしょう。

もちろん、「国境を越えて世界の敵を倒す」「そのためにその場所で多少なりとも犠牲が出てしまうのは仕方ない」というのは、今の世界情勢そのものと言えるでしょう。そこには被害者もあり加害者もあり、その両方になってる人もいるわけで、そんな葛藤がこの映画にはよく現れています。もちろん、アントマンスパイダーマンのような「そんなのかんけーねぇ」ってのもいるので、それもそれで話を暗くなりすぎずで面白いんですけどね。

とにかく、今までのマーベル映画のような絶対的な敵が居て、それをピンチもありつつ痛快に倒すっていう映画ではなく、マーベル映画の爽快感を残しつつ、その裏でのツッコんでこなかった戦闘への矛盾や時事ネタを含んだ大人な娯楽映画になってました。

 

ただ、最終最後の部分に関しては、色々と衝撃的でした。観てて全然気が付かなかった。そして、ブラックパンサーがジモにいう言葉は、ソレが真理だし、だからこそソレを行うことはみんな分かっていても出来ないんだと。

 

 

次はドクター・ストレンジですか。カンバーバッチですか。楽しみだけど、今回出なかったなぁ。つうか、スパイダーマンの服はスターク・インダストリー社製なのかな?

 

 

 

ああ、あと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヴィジョンも服着るんだ(w

 

 

【閑話休題】 映画「テラフォーマーズ」を観に行ってしまった

f:id:amazakeya:20160505202215j:plain

映画「テラフォーマーズ」を観に行きました

 

正直、興味はあっても、レンタルが始まってからでいいかなぁっと思っていたのですが、先日映画好きの義妹と話をしていたときに

 

 

 

テラフォーマーズデビルマン並にヤバイみたいよ」

 

 

 

なんて聞いてしまったら、身内の映画部の元邦画特攻隊長としては、観に行くしかないでしょ!!!

 

この「デビルマン」というキーワードは映画好きにとっては正直禁断のキーワードです。ええ、当時映画館に観に行きましたよ!私は!

友人と2人で意気揚々と行って、目を見開き、口あんぐりで劇場を出ましたとも!!当時ネットも今ほど発達してなかったから、口コミも少なかったしねぇ。

あのストーリーの中途半端さ、CGの粗さ、戦闘の短さ、みんな台詞は棒読みだし、知らない人は出てくるわ、もうどこをどう取ったらこの映画として成り立つのかわからないレベル。

友達に「大型連休暇だからなんかオススメの映画ない?」って聞かれて、真顔でデビルマンをオススメしたら、後日真顔で「レンタル代返せ」レベルで怒られもしました。ちなみに2人ぐらいに怒られたかな。

あの雑誌「映画秘宝」ですらも、年末の総特集で9割以上の人がマジでダメダメな評価をしてるという事実。

個人的な評価点としては0.2点(100点満点中) あの進撃の巨人で噂の大映画批評でも評価点2点だからねぇ。

個人的な見どころはモブが集団で家を襲うシーンでした。あれはきっと出演者のうっぷんだろうねぇ。

もう邦画界の底辺オブ底辺。世の中、演出がーとか心理描写がーとかで映画の好き嫌いや評価の差はあっても、デビルマンはそんなレベルすら吹き飛んでるわけですわ。ロボゲイシャなどの井口監督のようなB級らしい映画ではなく、そもそも映画として体をなしているかも怪しいんですよ。コレが。

 

 

そんなデビルマンと比べる・・・世の中の映画通の方々もデビルマンと比べる・・・これはもうどれぐらいの作品なのか。これが気にならないほうがおかしいでしょ。

 

 

 

つうことで観てきましたよ。テラフォーマーズ

 

評価・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこまで言うほど悪くないんじゃない?

いや、デビルマンと比べたら、デビルマン様に失礼です!

普通に「原作があるやつ作っちゃったらB級映画になっちゃった。てへっ」ってぐらいだと。

 

 

とりあえず、ここから下はネタバレも含むので、これからどうしても観に行きたい!って人は見ないようにおねがいいたしまする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第1巻をメインに作られてて、色々と変更(改悪?)されているわけですが、この部分の変更点が、原作を知ってる人にとっては「はぁ???」ってことになってると思われます。

未来の世界が異様にブレードランナーしてたり、バグズ手術がほぼ秘密裏に行われてたりとか。

なんかGどもが茶色かったり、Gが津波になったり、異常にマッチョだったり・・・つうか、あの津波は確かにないわ。第二部でもあんなシーンはないし、今後もありえんでしょ。G自体が死にますわ。どうして津波になってるのかもわかんないし、頻繁に起こってたら、日本以外の国も気がつくぞ。アレは。

あと、何故か日本人なのに外国語でしゃべる2人。山Pなんて登場して外国語でしゃべって、武井咲に普通に日本語でしゃべりかける・・・

そして、一番酷かったのはカイコガの鱗粉攻撃・・・・・・「粉じん爆発が起こるぞ!!」ってどんだけの鱗粉ですか!?正直このシーンは笑いをこらえるのに必死でした。てっきり、あの鱗粉が毒だとかなんかと思ったのに、もう粉じん爆発って確かにあのシーンは酷かった。

 

 

まぁ、こんな酷いシーンが散りばめられてる映画でしたが、そんなシナリオであっても、実力派の俳優が揃ってしまうと、これが成立してしまうのが怖い所。山田孝之菊地凛子、遠藤賢一、加藤雅也小池栄子などがそろってるとそれなりな作品になってしまう。上からマリコ様でも十分演技は見れるし、一番演技がどうなの?っと思うのは主人公か・・・いやケイン・コスギか。日本語のしゃべってる姿は「どこの田舎のひとですか?」って思うぐらい。

あと、CGは技術が上がってるのは、如実に出てるね。G達の動きも全体的にスムーズだし、飛び方も普通だったか。爆発とかもアレだけのレベルだと、もうマンパワーってよりも、ソフトでデータ入れたらあれぐらい出来る的なレベルになってるのかなぁっと思えるぐらい。

そして、小栗旬の怪演。もう怪演としか言えないね。もう変すぎて素晴らしい。あれは小栗旬の演技史上最高と思えるほどのぶっ飛びっぷり。笑うしかなかったね。

 

個人的には「片腕マシンガール」や「電人ザボーガー」レベルのB級モノでした。

まぁ原作が原作だからダメだったんだと思うし、監督がどうこうってよりもシナリオの問題だろうねぇ。

ちなみに三池監督節はところどころ残酷シーンで見て取れました。上からマリコ様も頭グッシャーだし、菊地凛子もまるでぶっかけザー◯ン状態だったしね。Gどもの死体も白いどろどろでいっぱいだけど、そのタイミングや見せる時間の長さは絶妙だなと。

 

 

これできっと俳優陣がAKBだったりジャニーズだったりが、こぞって出演だったらもっとクソ映画になったんじゃないかなっと、違う意味で残念でした。

 

 

まぁ、とりあえずはみんな「デビルマン」借りてみろよと。きっとほとんどのレンタル屋では100円2週間ぐらいで借りれそうだしな。

 

 

 

さて、次はシビル・ウォーを観る予定です。

普通はそっちが先だろ!って、つっこみは無しということで。

【LINEスタンプ】 なんとなく今更ながら作ってみた

f:id:amazakeya:20160503225006p:plain

前回の流れから、なにげにマスクマンのプロレスラーのキャラクターのまんま、「吹き出しスタンプ」に挑戦してみました・・・

 

 

感想:予想以上にめんどくさかった

 

 

さて、なにが面倒だったかと言えば、個人的にはすでに作ってあるスタンプの画像から、吹き出しの大きさをパスなど作ればいいのかと思えば・・・・・・他人のスタンプは保存できないのね。

ちなみにプリントスクリーンではサイズが変わって使いようがなかった・・・まぁ人の褌で相撲を取ろうとするなっという戒めと考え、結果的には自分のやり取りのLINE画面を取り込んで、それで吹き出し部分はイラストレーターでパスを作ってやってみた。

 

問題だったのは、吹き出しの中の文字だったりする。自分で使ってるのはiphoneで、その日本語フォントは「ヒラギノ角ゴシック ProN W3」なのだが、これはあくまで有料のフォント・・・・・・個人で買うにはかなりお高い。まぁ、超絶本気で吹き出しスタンプ量産して販売するわぁって意気込んでやるなら、そこまで高くはないんだが、仕事でもそんなに使わないフォントに出す金額がなかったりする。

で、手持ちのゴシックのフォントでどれが似てるかなぁっとっと見比べてみたら・・・・・・「MS Pゴシック」が一番似てたりと・・・・・・うわぁ、Windowsのデフォルトフォントじゃん・・・個人的に好きではないのだが、まぁ致し方無いので、それで使うことにしました。

 

 

そのうちヒラギノフォント買おうかしら。

 

 

あとは、作りながらオブジェクトを加工したりして出来たりしたわけです。

予想よりはやや早めにでき、前回の反省をいかし、インドネシアは販売ルートから外しました。ごめんね。インドネシアの人!!!

 

 

さて、今回の吹き出しスタンプを作って思ったのは、「アオリイカスタンプの吹き出しスタンプ作ればいいんじゃね?イカならスミ吐くし」っと。

きっとすぐ出来ます。すでに作ってあるスタンプのリメイクで行けるかと思うからね。

 

まずは審査が通るかだな。

 

 

store.line.me
store.line.me
store.line.me
store.line.me

 

【LINEスタンプ】 新しい方向性でスタンプ作ったら、いろいろリジェクトされた・・・

 

今年のヒノキの花粉は殺人花粉です。

微熱が3日ほどあり、うち1日は丸一日寝込みました・・・家族にはご迷惑をお掛けしました。ありがたや。

 

で、作業も丸4日ほど滞りましたが・・・・・・

 

 

それよりもそんな時間もあったのに、前回審査に出したスタンプの審査が通らなくてねぇ・・・

 

審査から2週間以上もかかって、やっと審査に通りました。

 

 

store.line.me

f:id:amazakeya:20160426203343p:plain

やっと通りました!「プロレスのコーナーポストでのスタンプ」

 

 

で、なにをリジェクトされたかというと

 

1.毒霧を赤色で書いたら、「対象:画像 3.15.ユーザーが混乱、嫌悪するように設計されているもの」 でリジェクトされました。

まぁ、確かにこれはまずかった。赤い毒霧はやっぱり「流血」をイメージさせるため、ダメなようです。TAJIRIばりのグリーンミストにすればよかったが、これもこれでやばそうだったので、完全に変更しました。

 

2.まさかの『お客さまに申請いただいたスタンプは、世界の異なる文化・習慣の観点より販売国を限定していただく必要がございます。お手数ではございますが、販売エリアにて「選択したエリアのみ」を選択し、インドネシアを削除のうえ、再度リクエストをお願いいたします。』

インドネシア!?!?!?!?どこがダメ!?!?!?!?宗教上の問題なのか、風習の問題なのか・・・つうか、どの画像がダメだったのよ???いや、インドネシアはプロレス禁止か・・・マスクマンはダメなのか・・・疑問が多いですが、とりあえずインドネシアを消してアップしなおして、待つこと一週間、やっと審査が通りました。

 

 

まぁ、「プロレス」がネタだと、かなりライバルが多く、今日(4/26現在)で131件も検索で出てきてしまうため、かなり厳しいですが、ソコはソレ、挑戦ってことで。

 

とりあえず、売れるかどうかはなんともですが、それが次のネタにつながってるので、よしとしますか。

 

次は通算30件目となるので、今は吹き出しスタンプに挑戦中。GW中には出来るのか出来ないのか、その答えは・・・・・・トランキーノ、あっせんなよw

 

 

store.line.me
store.line.me
store.line.me
store.line.me